読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くしきゆかりに導かれて

神社参拝と御朱印についての記録です。

〈番外編〉厄祓いをしてきました

御朱印以外の話題となりますが、厄祓いの話題です。

この度本厄を迎えたので厄祓いを…と2017年明ける前から考えており、どこの神社で行うかをアレコレ考えていました。

このアレコレ考えるのも楽しく、相性の良い御祭神は、あの美しい御拝殿に上がりたい、できれば御神楽を奏上頂きたい…などなど色々と考えておりした。

そうした中で大神神社が良い!とピーンときたのです。

大神神社では祈祷殿で御祈祷のあと、御拝殿に移動し金幣を神前に供えるという流れになると説明があります。

 

そうしていよいよ御祈祷を受けてきたのですが…ですが、ですよ…。

 

朝9時に着いたのですが人がもう結構います。それだけ信仰が厚いのでしょう。

朝日を浴びた御拝殿もとても美しいです。

お参りと御朱印を済ませ、参集殿で御祈祷の申し込みをします。私は勿論御神楽付き!

待合部屋に向かうともう人人人!!企業の御祈祷で複数社員の方が来られていたためです。しかも3社ほど。人多いなぁと思っていると御祈祷の案内のアナウンスが。名前を呼ばれます。

 

お、多い!!!

 

恐らく10組ぐらい呼ばれました。

複数まとめての御祈祷となることは覚悟していましたが、ちょっと多すぎでは…?というか企業と個人の御祈祷って一緒にやるものなんだろうか…。とこの時点でちょっとモヤっと…。祈祷殿の前に手水があったので、清めてから入ろうとしたら巫女さんに「お清めはいいので早く入って!」って言われるし。じゃあその手水はなんのためにあるんだよ〜?!ううーん。

お祓いと祝詞が終わり、御神楽の後玉串を奉ります。

そしていよいよ御拝殿に移動して金幣を供える!と思ったら「本日は特別拝観準備のため御拝殿でのお供えはございません」、と。

 

は?????

 

いや、あのさっき外からお参りした時に御拝殿でお札受け取ってる御祈祷の方達見ましたけど?

私は祈祷殿から御拝殿へ移動し拝礼できるところが素晴らしいと思って大神神社で御祈祷を受けようと決めたのだけれど???

一応その旨を神職さんに伝えて見ましたが、無理です申し訳ないと。

 

もうね、泣きながら参集殿から出ましたよ。本当に泣いた。このために来たのにって。すごく大神神社に参拝できるのを楽しみにしてたのにって。

しばらく悲しすぎて動けなくてね…じっと御拝殿見てたんですよ。

ちょうど特別拝観と思われる方達が終わったところで、なんと御祈祷の人たち用の準備始めたんですよ。

まぁ前の人たちが御拝殿で拝礼してたの見てるし、そういうことかと。

ようはタイミングの問題だったのか、と。

 

まぁお前の都合だし、たくさんの方が来られる神社だからしょうがないだろ、と言われればその通りで大変失礼なことを言っているのもわかってるんです。

けどやっぱりこの悲しいやら悔しいやら残念すぎるという感情はどうしようもないのです。折角の御祈祷なのになんだか気持ちがすっきりせずむしろモヤモヤしてしまい、言ってしまえば御祈祷にケチがついた気がしてしまい今現在進行形で落ち込んでいるのです。

その落ち込んだ気持ちを落ち着かせようと思ってこの文章を書いてる。

こんな気持ちじゃ祓える厄も祓える気が全然しない。

今手元にあるお札を見るととても悲しい気持ちになってしまうのです…。

こんなこと思ってじって三輪明神様には本当に申し訳ないと思ってるんです。三輪明神様が悪いわけではないですから。

 

神社のやり方に多少疑問があるのです。流れ作業だし利益追求感が透けて見えるところが。だって特別拝観と御祈祷がかぶったってちょっと時間調整すればいいでしょうよ。住所間違えて訂正されてる人もいたし、いまいち神職さん巫女さんたちの気持ちを感じられなかった。大きな神社で人もたくさん来るから仕方ないのかもしれないけれど、私が求める神社ではなかった。

多分私は御祈祷を受けなければ大神神社のことが好きで綺麗な神社だった!また来たい!と帰っていたと思います。神社自体は素晴らしいのが余計に残念。今は正直もう二度と行きたくないです。写真見るだけで悲しくなる。

  

ああ〜全然気持ちの整理つかない。

あまり良くないとは言われているけど、もう一度厄祓いしようかなとも考えてる。違う神社で。

神様には申し訳ないけれどやはり"気の持ちよう"の部分を考えたらガッタガタすぎるので。

 

これが厄年ということなのかもしれない。

神様からの甘えんなというメッセージだという気もしなくはないし、お祓いは1回じゃダメですよと言われているとも受け取れる。はぁ…。